オビカカズミしまめぐる個展「しましましま」開催のお知らせ

 

海の音、風の匂い。
瀬戸内の島で生まれるものたちは光を集めたみたいな濃さを持っています。
イラストレーターのオビカカズミさんがそんな島で生まれたものたちに新しい形を与えてくれました。
ぐん、と男木島が近くなる。もっと男木島が楽しくなる。
どうぞ島でこの絵たちをご覧になってください。
ここにちゃんと意味があります。

 


 

イラストレーターのオビカカズミさんの個展を3月25日から9月4日まで男木島図書館で開催いたします。
昨年の春から何度も話し合いと取材を重ね、丁寧に準備を進めてまいりました。

 

まずは男木島の1年。
それから少しずつ、オビカさんの作品と男木島のことが増えていく予定です。
ぜひ重ねて足を運んで、変化を楽しんでください。

 

オビカさんの描く絵は柔らかさの中に芯があって、切り絵のような独特なタッチは、男木島の食や自然のことを大切にしながら過ごす「暮らし」に寄り添うようにぴったりです。
オビカさんにこの展示まで何度も足を運んでいただくことになったのは、私たちから「男木島のこと」「島の暮らしを大切にする」というお願いをさせてもらって、ゆっくりと一緒にペースを合わせて、皆さんに喜んでもらえるものを創りたいという気持ちに応えていただいたからでもあります。
島の空気を伝えたい。この島を好きな人がちょっとでも増えてくれたら嬉しい。
そんな想いが詰まった展示です。

 


 

オビカカズミ プロフィール

 

香川県生まれ、香川県在住
2006年フリーのイラストレーターとして独立。
地元高松に住みながらもフットワーク軽く、首都圏にも出没して、精力的に制作活動をしております。2013年、2015年東京表参道・HBギャラリーにて個展開催。グループ展、企画展参加多数

デザイン会社にデザイナー兼イラストレーターとして在籍した経験を生かして、紙媒体での制作のみならず、手ぬぐいデザインを担当したり、ウチワ職人とコラボレーションしてウチワを作ったり、幅広く活動をしております。

 

【主な仕事】
・SANUKISANプロジェクト「サヌキモノウチワ」
・サッポロ サッポロプラス CM内 イラスト制作
・瀬戸内芸術祭公式グッズ 手ぬぐい、マスキングテープデザイン
・「おやつ神社」メインイラスト制作
他、雑誌、書籍等々でも挿絵等々書いております。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です