玉井夕海live「足音」〜男木島図書館で音楽を愉しむ会〜 開催のお知らせ

ふとしたご縁で、玉井夕海さんに男木島図書館で音を奏でていただくことになりました。
玉井夕海Live「足音」。8月22日月曜日15時から。
多くの方に気軽に音を聴いていただけたらと投げ銭ライブとなっております。
 

玉井夕海ライブ「足音」


その場で選んだ男木図書館の本を初見で朗読し、即興で日記歌を歌います。
持ち歌も、ところどころ挟みます。

これは どこかの国にある「本占い」を元に始めた歌遊びです。

と、いただいており、図書係もとても楽しみにしています。

 

【玉井夕海さんプロフィール】

ウタウタイ(歌手、女優、Accordion、Piano)。よく居る場所:東京・松本・熊本・渋さ知らズ。音楽の旅プロジェクト<White Elephant>主宰。
1977 年8月6日東京都生まれ。 東京芸術大学建築科在学中に、宮崎駿主催アニメーション演出家養成講座「東小金井村塾 2」 修了。その後、映画「千と千尋の神隠し」リン役に抜擢。天草の海から受けたインスピレ ーションを元に作り上げた映画「もんしぇん」(製作 シグロ・MK)では脚本(山本草介・海津研との共作)、主演、音楽を担当。その後は、女優として『空中キャバレー』(串田和美 演出/まつもと市民芸術館)や、『南へ』(NODAMAP・野田秀樹 演出/東京芸術劇場) などの演劇作品へ参加。2012年は再び天草を舞台とした映画『NOT LONG,AT NIGHT』の主演を務め、同作は第25回東京国際映画祭<日本映画・ある視点部門>にノミネート。平行して、2009年『TAPPERS RIOT 2』(熊谷和徳 演出)、2013年『渋さ知らズ大オーケストラ<天幕渋さ船~龍轍MANDALA~>』(神奈川芸術劇場)ではゲストヴォーカリストを任されるなど(以降<渋さ知らズ>メンバー)、歌手・シンガーソングライターとしての力が、評価され始める。物語力・翻訳力・コミュニケーション能力・創作力・表現力・遭遇力、などの総合力を買われ、アートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』(2013年6月19日(水)開局。映画『NOT LONG,AT NIGHT』プロデューサー・監督・脚本を務めた、遠山昇司プロデュース企画。)では「ポストマン」(メインスタッフ)に。手紙にまつわるワークショップ開催や、企画意図伝達など、メッセンジャーとしての役割を担う。同様の観点から、11月には『寿合宿』(寿オルタナティブネットワーク)参加アーティストとして召還される。横浜市寿町に住み込み、住人や参加アーティストと共に「寿の歌」を制作。上記に渡る自身の活動模様を、2011年以降、iPhoneにて記録。音楽の旅プロジェクト<White Elephant>と名付け、映像作家・石谷岳寛、神田光、音楽家・坂本弘道、不破大輔を初め、同行者を交えながら「旅」を続けている。
今後は長野県松本に基地を構え、各地を飛び回りつつ、White Elephantプロジェクトの本始動を開始予定。長野県との関係において特筆すべきは、2012年6月〜2013年6月にかけての一年間に渡る活動。音楽の旅プロジェクト<White Elephant>の一環として、長野県松本市に住み込み、日本料理店・温石、里山辺JA葡萄集荷所、美ヶ原温泉・月の静香など、松本各所で働きつつ、作曲。それら所縁の生まれた場所にiPhoneを持ち込み録音、初のソロ音源『ales』を制作。その模様は、信州毎日新聞、松本市民タイムス、まつもとタウン情報、テレビ信州<報道ゲンバ>、フリーペーパーchannel等、長野の各メディアで紹介された。

 
Facebookでイベントページも立ち上げております。
https://www.facebook.com/events/143073392801074/

 
8月22日、夏の終わりの男木島へ、音と本を愉しみに是非いらしてください。

One thought on “玉井夕海live「足音」〜男木島図書館で音楽を愉しむ会〜 開催のお知らせ

  • こんばんは。はじめまして。森節子と申します。

    21日に男木島の民宿さくらにに宿泊します。
    あこがれの男木島図書館でゆっくり過ごしたいと思っています。
    またとない機会ですので、玉井夕海さんの足音を聞きたいです。

    22日は高松に宿泊しますので、17時のフェリーで男木島を離れます。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です