男木小中学校の皆さまと共に〜男木島図書フェスティバル

男木島図書フェスティバル

 

1月30日、男木小中学校の皆さまが男木島図書館にいらっしゃって「男木島図書フェスティバル」が行なわれました。
「男木島図書フェスティバル」とは男木小中学校の皆さんで考えられた名称で、いわばみんなで本を楽しもうという会でした。

 

まず最初に、男木小中学校の図書委員長さんからご挨拶。その次はみんなで「本探しゲーム」を。渡された紙に書名が書いてあり、その本を2分の間に図書館内から探すというもの。

 
本探しゲーム

 

2分はかなり短い!しかし見事に何人かは本を見つけていました。紙を渡された段階で「どこにあるかわかる!」と言うような強者も。

 

次はみんなで、自分の好きな本の紹介しあいっこ。紹介を書いた紙を見せてお話をしていくのですが、皆さん、なかなかの力作ぞろいです。

 

「記憶屋」紹介
 

好きな気持ちを絵で表したり、文で表したり。発表の後は質問タイム。それぞれ気になったことを手を挙げて訊ねていきます。
実は図書係も「読書感想文」が得意ではないのですが、こういう形だったら、好きなものを好きと伝えやすいなあと思いました。

 

男木島図書館館長のおすすめ本の話

 

生徒の皆さん8人の発表が終わると、男木島図書館を代表して私からお話をいたしました。
私が、小・中学生の時に好きだった本。

  • エルマーのぼうけん  作: ルース・スタイルス・ガネット
  • 木かげの家の子どもたち  作: いぬい とみこ
  • はてしない物語  作: ミヒャエル・エンデ
  • アルジャーノンに花束を  作: ダニエル・キイス

今の皆さんに読むと面白いんじゃないかな、と思う本。

  • 舟を編む  作: 三浦しをん
  • 魔性の子  作: 小野不由美

それから、本を読んで良かったと思うことを話させていただきました。

 

男木小中学校の皆さんは、それぞれ本を楽しんでいて、学校図書室も良く活用されているようです。
最後に校長先生のお話があったのですが、学校の取り組みの中で本を読むこと、年間の読書冊数なども見られていてすごいなあと思いました。

 

生徒さんが薦めてくれた「好きな本」の中には私もまだ読んだことのない本もあったので、これを機会に読んでみようかと思います。
本のことを語り合うとても楽しい時間でした。

 

計画してくださった、男木小中学校の男木小中学校の先生、生徒の皆さまありがとうございました。
(※この記事は学校の許可を得て公開しております。ありがとうございます。)
また、ぜひ本の薦めあいっこしたいですね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です