イソヒヨドリ短詩会 5月の会ノートと7月の会のお知らせ

溶けちゃいそうな暑さが続いていますね。そんな夏の気持ちをぶつけるべく、イソヒヨドリ短詩会の7月の会は7月30日(日曜日)におこないます。

 

 

奇数月に開催しているイソヒヨドリ短詩会、5月の会は3月の会に引き続き、季語を選んでそこから句をつくるということをしてみました。
選んだ季語は

  • 五月
  • 薄暑
  • 烏賊
  • 飛魚
  • 牡丹
  • 雛罌粟(ひなげし)
  • 夏めく
  • 粽(ちまき)
  • 空豆
  • 新茶
  • 穴子
  • 鱚(キス)
  • 野蒜の花(のびるのはな)

5月の季語ってなんだか食べ物が多いんですよね。食べ物といえば秋って思っていたけれど、初夏も食べ物が美味しい季節なのかもしれません。
5月の会では東京からも参加者さんがいらしてくださって、しかも「これに句を書きましょう」と一筆箋をくださいました。

そんなわけで、出来上がった句はこちら。

ちなみに筆者は「お裾分け 両手の袋から溢れ 空豆」という句も書きまして、島の人たちには心情がよくわかると言われました。

 

「スマートフォンで写真を撮るみたいに、気軽さを持って自分の気持ちを句や短歌にできたら。」というコンセプトのもと開催しているイソヒヨドリ短詩会。
よろしければ7月の会に参加してみませんか?

 

Facebookでのイベント、もしくはこちらのページのコメントより参加をお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/1776770459294330/

 

7月30日13時から男木島図書館にてお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です