国分チエミ個展「空と海と島のあお」開催のお知らせ

国分チエミ男木島図書館個展

 

瀬戸内の海、瀬戸内の空には特別な色があります。
春夏秋冬、そして今日と明日でさえ、その色は同じではありません。
霧の向こうにうっすらと見える海。
穏やかにきらきらを光る海。
飛行機雲が線を描く空。
そんな光と青を集めたような絵を国分チエミさんが描いてくださいました。
あなたがこの絵を見る日は、どんな青が島を囲んでいるでしょう。
あなたの呼吸の色がそこにあるかもしれません。

 


 

高松市出身でイラストレーターとして活躍されている国分チエミさんの個展を、5月3日の図書館再開と共に開催いたします。(10月8日まで)
たくさんの青の中からあなたの青を宝探しのように見つけて欲しい。
そして、きらきらひかる絵に囲まれて、男木島や図書館の物語も息づいています。
どうぞ絵と物語とを、この島の図書館でお楽しみください。

 


 

国分 チエミ(クニブ チエミ)プロフィール

イラストレーター。香川県高松市出身。東京都在住。女子美術大学芸術学部デザイン科卒業。広告プロダクションのグラフィックデザイナー職を経て、イラストレーターに転向。使用画材はアクリル絵の具。淡く溶いた絵の具を何層も重ねて描きます。TIS・東京イラストレーターズソサイティ会員。過去に東京で8回、高松市で1回の個展を開催。記念すべき10回目の個展を、男木島図書館さんで開催させていただくことができて嬉しいです。
主な仕事は、企業カレンダー(コーセー/サンゲツ/リクシル/パナソニック/中部電力/ピタッとハウス/西日本シティ銀行/日本生命/椎名林檎)、広告・ポスター(花王/イビサ/ノースウエスト航空/JR東日本/SAISON/UCCコーヒー/アフタヌーンティ)、パンフレット・カタログ・社内報(セブン_イレブンジャパン/朝日新聞/資生堂/中外製薬/高島屋/三越/JAL機内誌/東京エレクトロン/DHC)、ブックカバー(角川文庫 林真理子シリーズ/講談社 瀬戸内寂聴訳『源氏物語』表紙シリーズ/その他多数。来春にはスクラッチアート本を出版予定)、教科書表紙(東京書籍/三省堂)雑誌(クロワッサン/月刊福祉/新世/ざ・いけのぼう/美的/SPUR/MORE)、CDジャケット(キングレコード)、グッズ(華市松手ぬぐいシリーズ)など。
今年の春夏に向けて、バッグブランドIBIZAとのコラボレーションでイラストバッグを製作。全国の有名百貨店や直営店でPOP UP イベントを開催します。詳しくは特設Webページにてご案内中です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です