レポート:12/18【ろうそくと絵本の昼と夜】

 

冬をゆるっと楽しむイベントウィーク第二弾はサンキューキャンドルさんとのコラボ企画「ろうそくと絵本の昼と夜」を開催しました。

 

 

昼の部はキャンドル作りのワークショップを実施。島の子どもたちや観光で訪れた方たちを中心に、たくさんの方にお楽しみいただけました。

机上に散りばめられたろうの欠片を紙コップいっぱいに好きなだけ詰め込んで、ピンク、白、青、緑、黄色の五色の液状ろうからお気に入りの二色を選んで注いで待つこと約十分、あっという間にオリジナルキャンドルの出来上がりです。

 

 

作り方はいたってシンプルながらも、欠片の配色や液状ろうを注ぐスピードがほんの少し違っただけで完成したキャンドルは人それぞれに異なって、まるでその人の個性が可視化されたようで面白いなぁと思いました。

間近に控えた聖なる夜や、ふだんの暮らしをちょっぴり彩りたい時に大活躍してくれそうな予感ですね。

 

 

続く夜の部は雰囲気をがらりと変えて、絵本の読み聞かせとバイオリンの音色で楽しむキャンドルナイトを展開。

私ミッキーがこれまででもっとも図書係らしく読み手を担い、今春に移住して来られた西川さんが奏でるやわらかな音と一緒にクリスマス絵本『ちいさなもみのき』をお送りしました。

 

 

高松への最終便の船が出た後に行ったこともあって、居合わせたのは島にお住いの方たちばかり。アットホームな空間ながらも非日常がただよう夜に、しばし酔いしれたひと時となりました。

 

 

読み聞かせの後はサンキューキャンドルさんお手製のグリーンカレーとダモンテ商会オリジナルドリンクを皆で囲み、先ほどまでとは一変おしゃべりと笑いの絶えないにぎやかな夜更けを過ごしました。

薪ストーブ、ろうそくの灯り、気の置けない仲間たちと居る時間。そのどれもがあたたかく、まったり居心地が良かったです。

一日を通してイベントにご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!

 

 

さて、今回の企画でご一緒しましたサンキューキャンドルさんは高松市三木町に西浦谷フラットという拠点もお持ちです。

サンキューキャンドルのほか心ときめくセレクト雑貨や古本販売、淹れたての紅茶や手作りお菓子などのカフェメニューもお楽しみいただけるそうなので、ぜひお立ち寄りになってみてくださいね。

西浦谷フラット公式ブログhttp://nishiuradaniflat.hateblo.jp/

 

 

最後に、そんなサンキューキャンドルさんがYouTubeに公開してくださった夜の部の模様のムービーを紹介させていただきますのでどうぞご覧くださいませ〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です