老人と海「オギケノヒ」出店始まりました

昨年10月に図書館前広場に完成した移住者支援フリースペース「老人と海」。

ダモンテ商会が惜しまれつつも昨年末で期間限定の出店を終えて以来冬の厳しい寒さも相まってしばらく活用されずにおりましたが、この度ついに…!
新しいお店が登場しました。

出店者は、スペシャルユニット「オギケノヒ」の皆さんです。

 

 

「男木の“ケの日”の食」をコンセプトに、男木島の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたいという想いを持った同志が集まり結成された当ユニット。

レシピの監修など総合プロデューサーを務める福井大和さん(中央)、海の幸担当の漁師・橋本一将さん(左)、山の幸担当の農家・松下和正さんの3名によって構成されております。

 

度重なる試作と改良を重ねて採用されたメニューは、どれも男木島産の素材を生かしたものばかり。

「老人と海」の名前にちなんでヘミングウェイが愛して止まなかったというモヒートも忠実に再現されています。

 

ヘミングウェイの愛したモヒートは目玉商品。料理は奥から新鮮玉ねぎのオニオンリング、ほくほくじゃがいものボールコロッケ、男木の美味いもんが詰まった魚介のスープ

このほか、ニンニクなど男木島産の食材をふんだんに使ったアヒージョや世界各国のビール、各種カクテルなども多数用意しています。

 

 

当面のオギケノヒ出店スケジュールは、毎週金土日月曜日10時30分よりオープン。フードメニューは15時(もしくはなくなり次第)終了、ドリンクメニューは17時終了予定です。

春の陽気のもと、ピクニック気分でぜひ男木の食を楽しみにいらして下さいね。

4 thoughts on “老人と海「オギケノヒ」出店始まりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です