燃え殻×会田誠『瀬戸内海の離島で語る、ボクたちはみんな大人になれなかった』対談開催のお知らせ

燃え殻×会田誠『瀬戸内海の離島で語る、ボクたちはみんな大人になれなかった』

 

「ボクたちはみんな大人になれなかった」の著者、燃え殻さん(@Pirate_Radio_ )と、瀬戸内国際芸術祭で男木島と縁深い美術家、会田誠さん(@makotoaida )の対談を男木島図書館にて開催が決定しました。

 

会田誠×燃え殻
瀬戸内の離島で語る、ボクたちはみんな大人になれなかった

 

この人口170人の島で、Twitterのフォロワー数足すと約18万のお二人が対談するという正直ちょっとよくわからない事態(喜び)になっているのですが、こんな豪華な対談がこんな場所で聞けるのは、本当に今回だけと思うのでぜひ皆さまいらしてください。

 

夏休み最後の日。「いつか島に行くね」の約束。
この小さな島の小さな図書館でスペシャルな時間を楽しんでいただければと思っています。

 

そして皆さまが来てくれなくても寂しいけど、来すぎちゃっても図書館入れないということで、来られる方は下記メールフォームから参加登録をお願いいたします。自動返信にて受付番号を発行いたします。(40人で締め切り予定です)
※8月1日19:30現在、40人の参加受付が終了しました。相談した結果、41番以降の方は、図書館外で聞き耳をたてる…というような状態でも良ければ(!)お申し込みください。また館内にはキャンセルがありました順に繰り上げて入っていただく予定です。

 


会田誠×燃え殻 『瀬戸内の離島で語る、ボクたちはみんな大人になれなかった』
日時:8月24日 14時 開始
場所:男木島図書館

 

【プロフィール】
燃え殻
都内のテレビ美術制作会社勤務。企画、人事を担当。2016年2月から『cakes』でスタートした小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』はPV数、最高80万を記録。2017年春に新潮社にて書籍化され各書店にて売り切れ続出という稀有な事態を招いている。

 

会田誠(あいだ・まこと)
1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了。絵画、写真、映像、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐にわたる。小説「青春と変態」(ABC出版、1996 / 筑摩書房、2013)、漫画「ミュータント花子」(ABC出版、1999 / ミヅマアートギャラリー、2012)、エッセイ集「カリコリせんとや生まれけむ」(幻冬舎、2010)、「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか」(幻冬舎、2012)など著作多数。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、東京、2012-13)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナント、フランス、2014)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、鹿児島、2014)、「ま、Still Aliveってこーゆーこと」(新潟県立近代美術館、新潟、2015)など。

 


参加登録 メールフォーム
※8月1日19:30現在、40人の参加受付が終了しました。相談した結果、41番以降の方は、図書館外で聞き耳をたてる…というような状態でも良ければ(!)お申し込みください。また館内にはキャンセルがありました順に繰り上げて入っていただく予定です。

※参加登録後、もし参加できなくなった場合ご連絡をお願いいたします。キャンセル待ちが出た場合は繰り上げたいと考えておりますのでご協力くださいませ。

 

皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です