なタ書店主×男木島図書館館長トークイベント in TSUTAYA高松サンシャイン通り店

5月19日、なタ書の藤井 佳之 さんと、TSUTAYA高松サンシャイン通り店にてトークイベントをおこなうことになりました。脱線しかなさそうなこの2人を取りまとめるのは小豆島は迷路の街の本屋さんの 中田 幸乃ちゃん!
さてさてどうなることかお楽しみに。
このイベントはTSUTAYA高松サンシャイン通り店2周年記念イベントです。良かったらぜひ来てください。


◎ゲスト:藤井 佳之(なタ書 店主)、額賀 順子(男木島図書館 館長)
◎聞き手:中田 幸乃(迷路のまちの本屋さん 店長)

本の世界に立つお二人が、それぞれの目線から見る「本にまつわること」を思うままに語り合います。

場所:1Fラウンジルーム(タリーズコーヒー前)
<参加無料/予約不要>
★席数には限りがございますが、立ち見でのご参加も可能です。

▼完全予約制の古本屋 なタ書店主 藤井佳之
1976年、大阪市生まれ香川県高松市育ち
横浜国立大学卒業後、大手出版社での勤務を経て29歳で帰郷
2007年、高松市に完全予約制の古書店「なタ書」を開店
2013年、期間限定の古書店「こんぴら書房」を手がける
2015年からは予約しないでも来店出来る「SETOUCHI BOOK HOTEL」をオープン。
他に女木島の図書室のディレクション、小豆島の本屋のアドバイザーなど、本と島を通してなにが起こせるかを模索しながらも、やっぱ都会もいいよなぁ!ってつぶやきながら、島と陸をつなぐコミュニティマガジン「せとうち暮らし」の制作にも携わっている。

▼男木島図書館 館長 額賀順子
福島県生まれ。大阪藝術大学芸術学部文芸学科卒
結婚、出産後、2014年に男木島へ移住
愛用のカメラ(フィルム)で、島の写真を撮るアーティストでもあり、WEBデザイナーとしても活躍中

▼迷路のまちの本屋さん 店長 中田雪乃
405CAFEの2階にあり、知的好奇心をくすぐるアート・文芸書、旅・エッセイなど、大型書店ではなかなか入手できない多彩な品揃えの本屋
2018「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」で紹介される

参加登録はFacebookイベントからどうぞ!

https://www.facebook.com/events/296773837888144/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です